\ ポイント最大11倍! / 詳細を見る

チャンキーニットはどこで買える?毛糸がダイソーやユザワヤでも売ってる?値段も調査!

見た目がかわいらしくて、最近冬になるとよく見かる「チャンキーニット」

初心者でも簡単に編める、と今話題の大人気の商品です。

そのチャンキーニットの毛糸は、実際にどこで売っているか、どこで買うのがお得なのか・・・

そんな疑問を解決します!

「自分で作ってみたい」と思っている人は、ぜひ参考にしてみてください。

\ 一番人気はコレ

日替わりお得情報!

Amazon【日替わり】タイムセール!

人気の商品が日替わりで毎日お得!

掘り出し物もチェック!

\期間限定!70%以上の割引あり /

目次

チャンキーニットはどこで買える?買える場所を調査

チャンキーニットですが、どこで手に入るのでしょうか?詳しく見ていきましょう!

ダイソー・セリア・キャンドゥなどの100円ショップ

残念ながら100円ショップには売っていません!

似たような毛糸で「ビッグロービン」という商品は売っていました。

チャンキーニットは25~30mmの太さですが、それより細いタイプになります。

100円ショップで済ませるために、この毛糸を3本を1本にまとめて作るという人もいるみたいですが、逆に割高になる可能性も・・・

手始めに練習用として買うには、いいかもしれません。

ユザワヤ・トーカイ・オカダヤなどの手芸店

ユザワヤ

世界のホビーショップ「ユザワヤ」に売っています。

公式ネットショップでも売っていますが、大変人気のためか、残念ながら品切れの色がたくさんありました。

しかし実店舗で最近導入されたのが、「お取り寄せサービス」

自分の最寄り店舗で売っていない場合、大型店から1個でもお取り寄せが可能!!

店舗にある検索機で、自由に探せます。

店頭受け取りなら送料も無料で、約1週間で届くので、おススメです!!

トーカイ

「クラフトハート トーカイ」のも売っています。

店舗数が396店舗と多いので、ご自宅の近くにあるかもしれませんね。

公式ネットショップでも売っていますが、商品数がかなり少ないです。

そのため実際に店舗で探してみた方が、よいかもしれません。

オカダヤ

手芸店「オカダヤ」にも売っています。

公式ネットショップにも売っていますが、現在は1色のみ。

只今プライスダウンしていますが、希望の色でない場合は、店舗に行ってみる方がいいと思います。

しまむらなどの衣類洋品店

「しまむら」には「毛糸」は売っていません!

しかしチャンキーニットを作るための毛糸ではなく、すでに商品になっている「チャンキーニット」は売っています。

毎年人気だそうで、すぐに完売してしまうのだとか。

約2000円でニットが買えちゃいます!

毛糸1玉分とほぼ同じ値段とは、お得ですね。

(人気商品のため、メルカリやラクマにも出品されていました)

自分で編むのが大変、リーズナブルに買いたい、という人には早めにチェックするといいですね。

Amazon・楽天などのネット通販

Amazon、楽天どちらにも売っています。

しかも種類が豊富で、自分の好きな色を選ぶことができそうです。

1玉だけでなく、色が選べるセット売りなどもたくさんあります。

どちらもだいたい送料無料でしたので、在庫が確認できるネット通販が一番確実かもしれません。

チャンキーニットの平均的な値段はいくら

ユザワヤなどの実店舗で、1玉1900円~2700円

ネット通販だとだいぶ安く、1玉1000円~1800円くらいでした。

種類や色によって多少差はありますが、ネット通販で買った方が、在庫もわかり、ポイントも付いてお得だということがわかりました。

チャンキーニット 人気はどれ?

一番のおススメは、44色という豊富な種類の中から選べるこちら!

何と言ってもポリエステル素材だけでなく、ベロア素材も扱っているので、

季節に合わせて選べちゃいます!

セット売りではなく、1玉からなので、初めて買ってみる、挑戦してみようかな、という人にはピッタリです。

フワフワ、ムギュっとした手触りで気持ちいいと評判です。

チャンキーニットについて知恵袋などによくある質問

チャンキーニットとはどういう意味ですか?

英語で「ずんぐりとした」という意味で、

極太の毛糸でざくざく編んだ編み物のことです。

1玉は何mですか?

1玉500gで約19mです。

1玉でマンドゥバッグを作ることができます。

マンドゥバッグを作るのにどの暗い時間がかかりますか?

30分あれば作れます。

道具は必要なく、初心者でも毛糸さえあれば手編みで簡単に作れます。

チャンキーニット どこで買える
引用元:楽天
この毛糸で何がつくれますか?

バッグだけでなく、スヌードやマフラー、

座布団、クッション、ブランケット、ニットなどいろいろなものが作れます。

編み方の本や、動画もたくさんあるので参考にしてみてください。

まとめ

毎年冬になると大人気の「チャンキーニット」

今年も人気になること間違いなしです。

自分で作ってみたい人はネット通販で、作るのが大変だと思う人は洋品店へ、

早めにいかれてみてはどうでしょうか。

寒い冬を、かわいらしい「チャンキーニット」で乗り越えましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次